コンテンツへスキップ

スマホの料金を安くするためにガラケーを活用してみましょう。

スマホの料金を安くする為には、通話機能を使わないようにするのが一番安く済みます。

メールやラインやインターネット回線を使うことは、スマホの特権だと思いますので、インターネット繋ぎ放題にして、月額の料金を4000円程度に収めるようにします。

引用元 LINE(ライン)の返信が遅い男は脈なしなの?不安です。

他社からの乗り換えを利用して、機種料金を実質無料キャンペーンを利用して、ほぼ無料で機種を買える方法をとります。

通話をする時は、ウィルコムのピッチを活用して月額2台で4000円の、通話ほぼし放題のモノを買います。

通話は10分間まで無料で、回数は500回までと決まっています。

通話専用なので、その携帯ではメールもネットも活用しないのです。

家族や恋人がいれば一番助かるのですが、いない場合は違う方法を考えて行きましょう。

今ならAUのガラケーもかなりの割安で、契約することが出来るので、携帯会社に通話用の携帯で一番安いモノを買うように、段取りして行きましょう。

新規登録が一番安く済むと思いますので、番号ポータビリティを活用して無駄な出費を避けるようにしたいですね。

番号ポータビリティを使うと、番号持ち出し手数料や登録手数料など、出る側の会社も入る側の会社もどちらも手数料を取るので、ここは注意が必要になってきます。

さらに、契約違約金などもかけられる可能性もありますので、新規登録にした方が気持ち的にも楽に契約することが出来ると思います。

携帯電話も、なければないで生活出来ることを理解して、よく考えて購入しましょうね。